目指せひょうきん者、明石家さんま

先日、面白い人の分析をした。

 

対象は、明石家さんま松本人志有吉弘行の3人。

私はこの3人に共通して、なぜこの人たちが面白いのかを調べた。

 

まずは、調べる前の自分での分析。

共通する点として、下記が挙げられると思う。

  • 屈託のない面白さ、意地悪さがない
  • 毒舌でも世間の見方というか、納得
  • 信念がある、芯がある
  • いじられても嫌がらない、むしろ喜んで笑いに変える
  • 飽きない面白さ

 

特に権威に萎縮しないツッコミ、ボケがあると思った。

=言いたいことを言う、感じたことをいう、とうことである。

 

まっちゃんは今でこそ50代となり、年齢が上がって来たが、heyheyheyという音楽番組をやっていた当時は、大物歌手とか役者に、ズバズバと、失礼ではないかと見ているこちらが思うほど、面白おかしくボケていた。今はコメンテーターという立場で、権威に萎縮せず、言いたいことを言っている。

さんまさんは、素人にもツッコむ。しかもそれをちゃんと、必ず拾う。それを知っているから、素人の一般人もさんまさんに安心して返せる。

有吉はあだ名というものを通し、世間が言いたかった、感じてはいたけど気づいていなかった点含め発信。物怖じせずはっきりと悪口なあだ名を命名していた。

 

その後に、面白い人の共通点、特徴について調べた。

一番参考になったのが、面白い人の特徴9つ

これによると、面白い人の特徴は下記9つてある。

  1. いつも笑顔
  2. リラックスできる雰囲気
  3. 緊張状態を上手に使う
  4. 人の興味、好奇心を刺激する
  5. ユーモアセンス
  6. サービス精神が溢れている
  7. 話し上手の聞き上手である
  8. 基本的に人間が好きである
  9. 頭の回転が早くて時頭がいい

 

これを読んで私は、

 

ちょっと待てよ、、、これって、さんまさんじゃん!!

 

と思ってしまった。

今回調べた3人の中でも、さんまさんが一番面白い人の特徴に当てはまった。

 

さんまさん個人で調べると、

  • 常にオープン
  • オーバーリアクション
  • 話をしっかりきく
  • どうやって笑ってもらおうと考えて、嫌われないようにしようとは考えない
  • 都合の悪いことも隠さない
  • 裏表がない、素人ともからめる

人なようだ。

 

ってこれって、ビジネス始めて教わって目指している人物そのもの!!!

 

こういうことか、と腑に落ちた。

 

今まで尊敬して真似したいような芸能人いなかったけど、さんまさんをモデリングしようと思った。

 

さんまさんの何をモデリングするかというと、

  • オーバーリアクション
  • 聞く姿勢 「ふんふん、それで?えっなんで?」
  • どうやって笑わせよう→クライアントのことだけを考えて、その人のためになることはなんだろう
  • こびない、言いたいことをいう、その中にも愛情をのせる

 これだ。

 

要はひょうきん者になれということ。

かっこいい姿を目指していたが、それは外見だけだったことに気づいた。

そんなものはいつでも、いくらでも直せる。

 

でもさんまさんって、クールじゃなく、ひょうきんものでも、かっこいいよね。

私が今目指すべきは、中身がかっこよくなること。

そのために、さんまさんを尊敬し、モデリングする。

すご〜い!!っていう気づき

みなさん、日々試行錯誤をしながら、勉強し、実践し、フィードバックをもらい、成長を続けていると思います。

仕事でも、恋愛関係でも、子育てでも、趣味でも、なんでもそうだと思います。

 

私もそうです。

考えることは好きになったので、結果がよくなかったとしても、何かしらのヒントや、改善点を見つけ出し、少しでも気づくようにしています。

 

その気づきを、小さいからといって、軽く受け流してはないでしょうか。

 

私は今日、まさにそれに気づきました!

 

自分の中だけで、処理して、はーいOK〜、ってなっていたのです。

 

気づいたのであれば、大小関係なく、それってとても素敵なことなんです!

すごいことなんですよ!

 

その発見ってすごい、だから身近にいる誰でもいいから、たくさんの人に伝えよう!

聞いて聞いて!すごい発見した〜!って子供みたいに。

 

本来人間ってそういうもの。新しい発見があったら、誰かに話したい!って思って誰かに伝えようとする。

 

私はそこの感度が低かった〜。笑

 

たくさんの人に伝えれば、その人数分だけ別の視点からのフィードバックが得られて、自分の発見が多角的に、3Dになって、深い学びとなる。

 

シェアしたところで、上の人にまだ考えが浅ーい!とか、それはちがーう!とか言われたら、それはまた新たな気づきなんです!

あはは、なんだそうなんだー!知らなかった〜!という新たな発見にすればいい。

 

だから無駄なことなんて何もない!

 

そしてそのサイクルを早く、たくさんに人にやっていったら...

 

どんどん物事上手くなるし、仕事もできるようになるし、私の場合でいったら、どんどん商売上手になる!

素敵ですよね!しかも楽しいですよね!

 

盛るんじゃなくて、一つ一つの気づきに感謝、感動して、楽しんじゃえばいいんだと思います。

その差が将来的に大きな差になる。当たり前と思わず、自分を褒めてあげる感覚でいいと思います。

 

私は今日それに気づいたから、ブログででも発信して、シェアします!

ピンチはチャンス

生きていれば、人生最大のピンチだ、と感じることはいくらでもあると思います。

 

大事な商談に遅刻した、不倫がバレた、出費がかさなって一文無しになってしまった、友人の保証人になってしまい借金を背負わされた、大きな病気を患った、突然望まない妊娠をした、就職先がない、などなど。

 

そんなものいくらでもありますよね。

 

だからって人生が終わるわけではありません。

どうにか対処して、乗り越えるしかないです。

 

なのでビビっていても仕方ないんだと思います。

その状況になった瞬間、知った瞬間は、ゾクッとしたり、ドキドキしていいと思いますが、起こってしまったことは仕方ないです。

 

心配していないで、どうしたらいいかを考えて行動するかが重要だと思いませんか?

 

対処するだけでもいいですが、そういった時に、火事場の馬鹿力が発揮されることもあります。

総じて、結果いい方へ変わったりもします。

 

そう、ピンチはチャンスでもあるのです。

もはやそう思っていたほうが得!

 

私は小学校の時のマラソン大会本番でうんこを漏らしながら走ったことがあります。

スタート前から、お腹はやばい気がしていました。でもトイレに行っていたらスタートに間に合わないので、そのまま出発する判断をしました。

でも、いざ走り出してたら、徐々に我慢するのがキツくなってきます。

よりによって、その日は本番なので全校生徒はもちろん、たくさんの保護者も見ています。

徐々に漏れ出てくるのを感じ、パンツが汚れて行くのが分かります。

小学生としては、バレたらものすごく恥ずかしいし、ずっと友達にからかわれるかと思うと、死ぬほど嫌な思いです。まさにピンチです。笑

こうなったら、衣類の外に漏れでてくる前に、一刻も早くゴールしてトイレに行く他ありません。

 

当時の私は、速く、なおかつ、漏れでないように、がむしゃらに走りました。

そしてなんとか漏れ出るギリギリでゴール。

直後は結果なんてどうでもよくなっていましたが、成績は1位!

 

私はこの体験からも、ピンチはチャンスに変えて、むしろバネにしてそれ以上のものを手に入れたらいいのだと学びました。

ラソンの件も、1位だったので、たとえ全校にバレていたとしても1位という最もいい成績を収めていたら誰も文句ないです。お前にそれができるのか、と言ってやったらいいだけ。

そして漏らしたこと自体は笑い話として、ネタが増えたと考えればいいんです。

 

ピンチがきたら、それ以上のものを手に入れる権利がきたも同然です。

むしろウェルカムな姿勢で受け入れて、どうにかしていく、その方が面白いし人生楽しいと思いますよ!

 

最近は...

最近更新していませんでした。

 

今日からまた書きます!

 

前から少し思っていたんですが、もしブログに書くことがないとしたら、1日のうちに学ぶことがなかった、ってことだと思っています。

 

=自分が成長していない、ってことだと思うので、やはり毎日書くことが大事なんだと思います。

 

だって、学びがない日なんてない!

ないと思うのは、意識が足りないから!

この世はいろんなもの、情報で溢れているし、知れば知るほど自分が無知だと知る。

だからもっと知りたくなる、勉強が必要だなと思うわけです!

 

例え風邪を引いても、よくないことが起こっても、同意できないことがあって、そこに何か正があると思い、見出して考えることも大事。

 

私は今日、仕事を一つ断られました。

相手にとっては負担があったようです。

メンタル弱いな、とは思いましたが、断られてはどうにもならないし、もう過去のことになったので、いい経験として次に行くだけなのです。

 

けど少し考えてみました。もっといい方法があったのではないかと。

こういう結末にならずに済むにはどうしたらよかったか。

 

正解があるわけではないけど、相手の言い分が正しいとも言える部分があるのかもしれないから。

 

一つ思ったのは、信頼の構築にもう少し時間をかけたらよかったということ。

試行錯誤の中進んでいくものであるが、信頼関係は何事においても非常に重要。足りないなと思ったら、すぐに構築し直すべきだったのかもしれない。

もう手遅れだから、そのポジションのまま進めるしかないと判断してしまったが、短い時間とはいえ気づいた時に行動していれば違ったかもしれない。

 

 

考えてみても、仕方なかったという結論になることもある。

相手ありきの仕事のため、相手の考え方価値観を否定することはないが、人によっては、言い訳ばかり、人のせいにしてばかり、など、自分が変わろうとしない人は相手にしても仕方がない。

というか相手にするだけ無駄。

さっさと次にいって、いい人に出会いましょう。

 

 

そしてもう一つ、考えてもわからない、ということもある。

分からない問題にいつまでも悩むことが無駄なので、その場合は、次はこうしようという新しい前向きなことを考えて次に行くのが早い。

 

 

ぐじぐじ悩んでるより、そんなことしないで、自分を成長させていった方が、未来が上向きますよね!

桃太郎理論

以前の記事で、私は神に祈るをの辞めた、というブログを書いた。

 

でも運は関係あると思う。必要だし、あるにこしたことはないと思う。

 

お世話になっている起業家さん、社長さんは、占いや風水を活用している。

その境地まで自分はまだ行っていないとは思うが、占いや風水も関係ないことはないことは分かる。

 

今回はこの動画を見て、桃太郎理論、というものを知った。

www.youtube.com

桃太郎の話で、川で洗濯をしていたおばあさん、どんぶらこっこと流れてきた桃を、拾って、割った。

あれは異常行動。

 

なんだあれ!怪しい!変なもの流れてきた!または洗濯に集中していて気づかない。

怖い、信用しない、何あれヤバといって、拾わず見過ごす人がほとんど。

でもあれがチャンスの本質。

誰もがそんなチャンスに、一生のうち何度も遭遇している。

 

けど気づかない、チャンスを掴まない人がほとんど。

 

それを聞いて、確かにそうだな。なるほどな、と思った。

 

今回は行動を起こす起こさないじゃなく、チャンスだと思ってつかめるか、という話。

 

普通の感覚だと思って、避けているものが、実は自分の一番欲しているものだったり、成功に進むためのチャンスや、きっかけになるのではないか?

 

なりたいものや理想があって、今までの生き方でその夢が叶えられてないなら、やり方、行き方、考え方を変えていかなくてはそうなれない。

よく考えたら、いやよく考えなくても、気づいたら普通のこと。当たり前のことである。

 

なのに(今までうまくいかなかった)経験上、例えば、あれは怪しいから、やったことないから、他にやってる人もいないから、などとそれらしい言い訳をして避けているのではないか?

 

本当はそうじゃないんだ。

 

桃太郎のおばあちゃんになろう。

大きな桃を掴んで割ったように、チャンスを掴んでいこう。

 

掴めるように、今までの普通の感覚をいったん忘れたら、大きな桃をスルーして流すこともなく、チャンスと思うものは積極的に掴んでいけるようになるのではないだろうか。

変わりたい人を応援

私の仕事ってなんだろう、ってたまに思う。

 

最近は、変わりたい人をサポート、応援するのも任務かな、とも思っている。

 

会社員という働き方、生き方しか知らない人達の中で、何か変わりたい、自分を変えたい、現状打破したい、何か違うことがしたい...という人たち。

 

同じ考えをぐるぐると巡っていて抜け出せない人。

転職もうまくいかない人、そもそも転職では解決しないと思っている人。 

こんなはずじゃなかったけど、まだ自分は変われると信じている人。

こんな現状じゃ満足できない。現状をとにかく変えたい人。

 

でもどうしたらいいか分からない。何したらいいか分からない。 

 

誰か教えて。モヤモヤの中から連れ出して。

ヒントか、自分の進むべき方向を示してほしい。

真剣に悩んでいる人。

 

私もかつてはそうだった。

こんなにも自由で、ストレスのかからず、楽しく過ごしている人は、意外にもうたくさんいる。

そんなこと知らなかった。

 

今の私は、かつての自分のように、自分を変えようと探している、迷っている人を"実際に変える"手伝いをすることだと思う。

 

私は自分でビジネスするようになって、人生が変わった。

というか今も、いい方向に進んでいるという自負がある。

 

自分でビジネスをする、お金を稼ぐということができれば、ほとんどの悩みは解決して、やりたいこと、理想の生活、夢が叶うのだ。

 

ほぼ全ての悩みが、時間とお金があれば解決する。

時間が手に入ればやりたいこともできる、お金があれば生活もできる、好きなものも買える。

さらに言うと、時間もお金で買うことができる。

 

でもビジネスを始める最初の1歩を踏み出すって、ものすごく勇気のいることだと思う。

 

当然といえば当然。

 

今まで日本でしか生きてきてない人が、いきなり1人で海外にいくようなもの。

 

きっと何が待ち受けているか分からず、恐ろしいと思う。言葉もわからないし。

(中にはそんなことすら楽しみに、ワクワクする人もいる。)

 

そんな時、応援して、勇気付けて、最初の1歩を踏み出す手伝いをするのが私の仕事なんだと思う。

 

始めるまで、もう同じ道を通ってきた私がついているから安心してね。

始めてしまえば、意外とできるよ。始めるまでが怖いだけだよ。最初の1歩には100歩分の価値があるっていうくらい、最初の1歩を踏み出すって大事なことだし、すごいことなんだよ。

 

今尻込みしたら、これから先も今のまま生きていくことになる。変わりたいんだから、ここを乗り越えよう!

 

 

ヘアアレンジセミナー

今日はヘアアレンジセミナーに行きましたー!

 

なんでかって、いつもワンパターンで可愛い髪型滅多にしてないから、暑い夏ロングで乗り切れるオダンゴ頭とかを知りたかった。

 

こういうのって、ネットで調べても動画見ても、意外とできないもの。

直接教わった方が、コツ、が掴みやすくて、分かりやすい!

 

目的としては、オダンゴ頭の作り方を習得すること。

暑い夏にロン毛がうっとうしくなってきたので、頭上で一つにまとめて楽になりたい。そしてめんどくさがりの私は、それを習得してこの夏ワンパターンで乗り切るつもりだった。

 

だが実際始まってみて、女子の髪の毛の世界は広いことに気付かされた。

コテの使い方から教えてくれたのだ。

内巻き、外巻き、ミックス...。確かに巻き方一つとっても、印象が変わる。

 

私自身は癖っ毛でちょうどいいカールがかかっているので、何もしていなくてもパーマかけたと思われることが多い。

それはそれで得だと思っていたが、言い換えるとワンパターンのパーマしかできていない。

 

そういう点では、バリエーションを増やすとてもいい機会になった。

今までコテの巻き方から我流でやっていた。

 

そしてヘアアレンジの方。

 

目的のオダンゴは、ほんの3分で習えた。笑

長〜い髪がどうやって、あの一つの塊になっているのか、不思議だったが、とてもシンプル。

結んで、最後団子にして、周りに巻きつけて、留める。カンタン。笑

ポイントは、結んだ後にトップの髪を1cm間隔おきに引き出して、ボリュームとカジュアル感をだすこと。

 

これで私の残りの夏は、長い髪に邪魔されることなく、清々しく過ごせる!

 

オダンゴの作り方が3分で終わってしまった。

あとはいつも自分でやっているアレンジをやって、それを講師の人にみてもらうという時間があった。

 

私はくるりんぱか、簡単な編み込み、しかもどちらもワンパターン(笑)しながいが、とりあえずやってみた。

 

頭の上から全体を編みこんでいく、私の唯一のワザをやった。

そうしたら、意外や意外、好評価!

そこに講師の人の手直しがはいり、キチッと編んでいた編み込みを、すこし緩め抜け感を作ってくれた。

これがまたポイントで、よいいっそう女子らしいヘアスタイルになった。

 

 

コテの活用も、編み込みも、今のバリエーションに追加して、もっともっと見た目から輝く女性になろうと思った。