相手のためを思う

相手のために何をしてあげたらいいのか、相手のためを思って仕事をするようにしている。

 

書きながら感じたが、「するようにしている。」って書いている時点で、自分の中でできている、とは思っていないってことだ。

 

今日は再度、相手のためを思って行動する、ことを考えた。

どうやら、相手のためを思って行動することは、自分と異なる価値観があることを認めることから始まるようだ。

 

認める。

これはしている自覚がある。

でもその次、まだできてない。

だって、認めちゃったら、それで終わってしまう。

 

でもそれが相手のためにならないことだから、それを思って伝えるのだが、それができていない。

今の私は、「そうなんだ、あなたはそう思うんだね。それでもいいんじゃない?(私はそうは思わないけど。)」って思って終わる。

 

だから、私はまだ相手の価値観を認めていないんだと思う。

認めつつ、相手のためを思って伝えるって、意外と難しいな。笑

 

相手のモノサシじゃなくて、自分のモノサシで測ってないか?

でもその違いは?

どうやって自分のモノサシを置いておいて、相手のモノサシで考えて、認めて、相手のためになることを言うのか。

相手のモノサシで考えると、私はそれに染まって、そうだね。って認めてしまう。相手のためになっていないことも。

 

あからさまにこの人このままじゃヤバイって人は、きちんと言える。

でも境がわからない。モヤモヤしているはここ。

 

相手が心から、今のままでいい、それで幸せだと言うのであれば、仕方ない。ここから認められる。

でも、それではあなたのためにならない、だってこうだから。を言うのか、言わないのかが判断できていない。

 

しかも、相手のために言う時、論理的に話していて、熱い気持ちがこもっていない。

なぜあなたがそうした方がいいのか、そうしないとどうなってしまうのか、熱いメッセージを送る。

最後はハートなのに、理屈で説明して、「ね、そうでしょ?だからこうした方がいいよ。」(キリッ)って感じ。

 

むしろちょっとイラっとしている。

あとはこれ言ってどう思われるだろうかって、自分のことが先に出て来ている時もある。

 

理論的には考えられる。でも自分が熱くなれていない段階だと思う。

 

だめだめ!

笑顔で言えば、何言ってもいいんだから、これ言ったら嫌われるかなとか、無駄なこと考えたり、イラっとかしないで、普通にスラッと言えばいいんだ。

 

イラっ、じゃなくて、スラっ、で♪

 

あと今日は考えて分からなかったことは、師匠に相談しに行く。