新・恋愛観、結婚観

ビジネスをしていると様々なことが学べて、日々勉強で、終わりはないと思っている。

 

そんな中で、私の中で恋愛観、結婚観が変わってきたので、今日はそのことについて書く。

 

ビジネスと、恋愛はとてもよく似ている。

どちらも好きな相手に自分のことを好きになってもらおうとすることにおいて、同じである。

コミュニケーションが重要なのである。

 

今までの私は、愛が正義、愛があれば全てうまくいく、と思い、私を受け入れてくれるいい人いないかな。と思っていた。

そういう愛しあえる人と結婚して、一生ラブラブに暮らすものと思っていた。根拠もなく。

そして早く結婚したいと思っていた。それが何かの解決にでもなるような気がしていたんだと思う。

 

でも今は、恋愛観、結婚観が変わり、タイミングさえ合えば、結婚はいつでもいいと思っている。

 

そもそも、愛さえあればうまくいく?

それは否。

お金もないと人間関係はうまくいかない。

 

そして、恋愛も、結婚も2人のコミュニケーション。

大人とはいえ、不完全な人間が2人で生きていこうとしているのに、相手に完璧を求めていないだろうか。

 

 

"いい人いないかな。"

きっとみんな、自分のことを丸ごと受け入れてくれる人がいないかな、という意なのだと思う。

でもよく考えて、そんな都合のいい人いるか?

私の全てを受け入れてくれる人、なんているわけないでしょ。

違う親の元で、違う環境で育った他人が、完璧に理解してくれるなんて幻想。

 

だから話し合って、お互いの良いところも、悪いところも見せ合い、理解しようとして、一緒に成長していくもの。

 

でも幻想をいだいているから、なんでわかってくれないの?、私は仕事もして、これだけ家事もやっているのに、あなたは何もしない、とか、ダンナはこれくらいして当たり前。なんてことになっちゃうのよね。

 

もし自分のことを100%理解してくれている!という相手がいるのであれば、それは相手がコミュニケーションスキルを会得しており、コミュニケーションによってあなたのことを理解してくれている状態。

 

一方がコミュニケーション能力が高く、相手のことを理解してうまくいく関係もあるだろうが、基本的には愛してもらいたいななら、愛さないといけないのと同じで、自分も相手のことを知ろうとして、理解しようとする努力をしないといけないと思う。

 

だからちゃんとお金があって、コミュニケーションをお互いにとってしっかり理解し合い、結婚で終わりじゃなくてずっとお互い成長だと思える人がいれば、タイミングさえ合えば結婚していいだけの話じゃないかと思っている。