見て見ぬ振り、していませんか?

私は、大学の就活、全滅で卒業後、バイトスタートだった。

そんな私が巡り巡って、好きな車関係の仕事に就けて、しかもクリエイティブな業務ができて、充実していると思っていた。誇りを持ってやっていた。

 

でも一方では、お金がないない、ヤダヤダ。

会社に福利厚生の改善を求めても、一向に行動する気は感じられない。

同級生はfacebookに楽しそうな旅行の写真をあげている。

見ていられなくて、しまいには一切開かなくなった。

いつしか、将来が暗いものでしかなく、病みそうになっていた。

 

仕事に誇りやプライド、だけを持ってここまでやってきてしまっていたが、もっとやりたいこと、旅行にいったり、美味しいものたべたり、英会話を習いに行ったり、親戚のちびっこにおもちゃ買ってあげたり、いつかは車が欲しい、たくさんあるのに、それができていないことに、目をつぶっていた。

 

いつかできるようになる。

 

なんて幻想を持ちながら。

 

でも、これがやりたい、あれがやりたい、これもできたら楽しい!!

ってまだ言えるだけ、救いがあったと思う。

 

それって変わりたいってことだから。

 

もし、人生諦めていたら。

私なんて、もうこの会社で大人しく働いていきます。給料もらえるだけいいです。多くは望みません。みんな周りもそうだから。

と言ってていたら、変われない。

20代なんて諦める年齢じゃない。30代だってまたまだ若い。人生なんて、何か始めるのに遅いことはないと思います。

ただ、仕事で役職につく、結婚して、子供できて...ってなってくると、荷は重くなりますけどね。

 

もしこれを読んでいるあなたが、これもしたくて、あれも挑戦してみたくて、将来的にはこれ欲しい、

例えば、海外のディズニーにいきたい、クルーズ船に乗ってみたい、英会話習いたい、乗馬に挑戦してみたい、将来は庭付きの家を建てて犬を飼いたい・・・。

と思っているのなら、それは素敵なこと。

 

 

だって、諦めている人は、そういうこと言えないもん。

思っていても、できないと思っている人は、恥ずかしくて言えない。

 

そう思っているなら、きっと変わりたい、って思ってことだと思います。

その素敵な気持ちを、置いてけぼりにしないで、行動してみたらいいと思います。

きっと未来は変わります。