自分との約束

よくマイルールなどを作って、作業を効率的にしたり、無駄な行動をとらないようにすることがある。

 

自分との約束を破る人は、自分を信用できなくなるので、自信を持つことはできない。

逆に自分との約束を守る人は、必ず自信がつくという。

 

今日は、最近の自分が改めて、マイルールをちゃんと守れているか考えていた。

 

最近の自分はというと、調子が悪と思っている。

でもメンタルは今までで一番フラット。

 

でも今月が終わり、一定の結果がでなかったので自分のステータスを下げることとなってしまった。

 

そうなってから、自分でもこの心の持ちようをどうしたらいいのか、分からなくなってしまった。

だってマイルールを、自分で決めたことをやっていた、つもり、なのに結果がでなかった。このままやり続けても意味があるのかと、考えてしまう。

それが負の連鎖をよんで、習慣化されつつあった別のマイルールさえも破ろうとしている自分がいた。

でも、このままでもいけないということだし、でもやり続けることが大事であるのも分かっている。

 

要は本当に心をどう持っていたらいいのか、わからないのである。

一種、大成しないと宣告を受けたも同然の状態で、どうやって持ち直して、モチベーションを今までより高くして、結果を今まで以上に残してみんなをギャフンと言わせるのか。

諦めてしまいそうだ。心が折れそうになる。

 

諦めたら楽になるのかもしれない。でもそれは目先の楽さを楽しんでいるだけで、絶対に自分のためにはなっていないことは分かっている。

今の活動をやめて、この先の未来、将来に、いいことなんてないことは明確に分かる。

 

この、立て直したいという気持ちと、心が折れてしまいそうな気持ちの狭間で、心の持ちようがわからなくなっているのだと思う。

 

続けて早く結果だしてやりたいと思うけど、今までのやり方でマイルールを守れなかったと思うと、行動が起こせない。遅くなる。

心折れそうだけど、諦められない。

 

そういった心境だ。

もしかしたら守れていたマイルールなんて一つもないから、自信がつかないまま今も行動していたりするのだろうか。

もしくはあまりにもその成功が小さすぎて、脳が認識したり次も頑張れたりしないのだろうか。

 

気づいたが、これは一人で考えてはいけないことだ。

明日早速相談にいこう。