ビジネスモデル、売る商品の話

世の中に数多あるビジネスモデル。

毎日どんどん新しいビジネスが生まれるし、知らないことはたくさん。

 

でもどんなジビネスを始めるにせよ、ビジネスの土台がないと戦えない。

何を売るか、をどうしても考えがちだが、そんなこと、ビジネスしたことない頭で考えても仕方ないではないか。

 

マーケティングとセールスという、ビジネスの土台、基礎基本をまず勉強しないと、1円も稼げないのは当たり前であろう。

 

たまに運よく"当たる"人がいるが、そういう人は一過性でしかなく、いつまで上手く回るか本人もわからないし、そのビジネスモデルしか扱えない。なぜなら、基礎基本を勉強していないから。

↑これって怖い。会社員と同じで、ビジネスモデルが時代に合わなくなって稼げなくなったら、何もできない自分になる。

 

もしくは天才で、勉強せずとも肌感覚でわかっている人。

↑これはごく一部の人。こういう人をみて我々凡人は夢をみて、簡単にいくと錯覚してしまう。これは危険。ビズネスはそんな儲け話ではない。

 

もしすでにビジネスを始めていて、まだ結果がでていないのなら、マーケティングとセールスの根本が抜けていると考えた方がいい。

 

あとはその勉強も一人でやらない方がいい。

前出のように、ごく一部の天才やセンスのある人は自分でどんどんやって、"結果"も出している。

ちょっと学校の勉強ができたらかって、自分も自分のやり方で成功する、なんて簡単に思わない方がいい。そういう人は自分で始めても時間がかかるし、始めてもいいが思うような"結果"はでない。

そこで初めて誰かに助けてもらう、聞こうという行動にでる。これは大分遠回り。

 

でも今はカンニング時代。

ネットにもたくさん方法や情報は出ているし、知っている人もたくさんいる。そういうものを頼っていけば、一人で彷徨うことなく、大きな寄り道することなく成長していける。

 

たたビジネスにおいては、ネットや本の情報も取捨選択ができない段階では、自分の力だけをたよるのは良くない。

そこは自分のビジネスを指導してくれる人を見つけて、その人に教えてもらうのが一番効率がいい。

そうこうしているうちに、自分でできると思って独自にビジネス始めた人が足踏みしている間に、ラクに追い越していく。