悪い癖

私の悪い癖。

 

今まで認識してはいたが、言葉にはしていなかったので、誰にも言っていないと思う。

今日はそんな悪い癖を、あらじあらい書いて、本当の意味で自分自身に反省させたいと思う。

 

その癖とは、ダメそうになるとそれを想定して、ダメージを減らそうとする。

今だってそう。

それで本当にダメでも、自分自身がいけない、と、泣きわめいたりしない。

 

自分への言い訳がうまいんだと思う。

この世の不利益は全て当人の能力不足。

 

これって諦めなのかもしれない。

でもそれじゃいけないの。

諦めたらそこで試合終了だって安西先生が言ってた。

なのに自分が今諦めたら...何にもならない。

 

なのにいろんなものに逃げている気がする。

少し前の似たような感覚は、開き直った感じがあった。(心の底からなのかは分からないが...)

 

そうなったらなったで仕方ないのだけど、諦めるのはやめよう。

諦めない人のところに、いいことが起こるんだから。

 

 

こんなクズな自分の根性、叩き直したい。

直るまではやめない。

これだけは決めている。