お兄さん、他の人と違ってかっこいいですね。

今日は、褒め、共通、共感を改めて実践ベースで学んだ。

 

 

褒め

 

名詞+形容詞=褒め言葉

例えば、その時計かっこいいいですね!

 

名詞+形容詞+疑問=褒め殺し

例えば、そのシャツ、色が爽やかで素敵ですね。どうしてそんなにセンスがあるんですか?

 

○○が、

素敵ですね、かっこいいですね、センスがいいですね、お似合いですね、爽やかですね、いい色ですね、、、、

↑この形容詞のバリエーションを増やして行くことが大事・

 

褒めるものは、目に見えるものは褒めやすい。、

例えば、靴、髪、服、バッグ、時計、ネックレス、笑顔

話を聞いて行く中で、性格、考え方などを褒めて行く。

 

NGなポイントとして、

  • 身体のこと
  • 何でもかんでも褒めます→褒めるポイントを絞る
  • 思っていないことは言わない
  • 内面を褒める(イケメン、美女の外見は褒めない)
  • テキトーな褒め方

 

身体のことの褒めはNGい言うが、なぜなら、それを相手がコンプレックスに思っていることがあるからだ。

 

ただ、目力があって〜、とか、指がスラッと綺麗で〜とかは、ジャブを打つ感じで褒めてみて、その人がコンプレックスに思っていないようであればOK。

 

 

共感

共感の方法は

  1. 相槌、うなずき
  2. ペーシング
  3. ミラーリング

共感についての詳細は割愛

 

共通

どういうところで共通を取るかと言うと、これは褒めのポイントとも似ているが、

  • 表面:外見、事前準備でわかること 服、小物、出身、年齢、血液型、家族構成、趣味
  • 内面:話して行く中で見えてくる 性格、価値観、話し方

 

共通点は3つあると親友になれる。

相手に会って早い段階で3つの共通点を見つけるのが大事。