自分が自分を苦しめている

生きていると、辛いことも、しんどいことは必ずある。

もちろん幸せな出来事、楽しいこと、嬉しいこともある。

 

でももしつまらないことで悩んでいるんだったら、それにはさっさと気づいて、解消した方がいいと思う。

 

日本人は特に、言いたいことが言えない、本音で話せない、とよく言うが、そんなもの気にしてどうなると言うのだろうか。

仕事の場で考えるとわかりやすいと思う。

会議などの場で、意見があるのに言えない、言ったら反発されそう、同調してしまう...。

これらは嫌われたくない、議論したくない、と言う自分の勝手な思い込み、からきているに過ぎないと思う。

仕事を遂行する上で、他人にどう思われようと一切関係ない話なのである。

一番大事なのは、自分の仕事で最高のパフォーマスをすること。

 

仕事において、人間関係に悩む人がいるが、悩む必要ないと思う。

悩む場合、大概が、嫌なことを言われる、上司に何も言えない、などだと思う。

でも嫌なことをされるのであれば、やめてくれ、とはっきり言えばいい。

上司にでも誰でも、自分の意見は言えばいい、意見が違っても、意見が違うと言うことが分かるだけで相手のことが知れる。

意見が違うとうことは、ケンカするということではない。

相手の自分と異なる価値観を知るのが重要だと思う。

 

多くの人が、同調しなきゃいけないと思い込んでいる。

そんなことは一切ないはず。

無意識に同調することが自分を苦しめているんだから、同調することをやめて、自分を解き放てばいい。

めんどくさいから、あえて同調するという人でも、それはいつかガタがくる。必ず。

 

そもそも相手に好かれる必要があるのだろうか。

仕事において言うのであれば、仕事ができる人が一番重宝される。

つまるところ、仕事以外でも同じ。

一緒にいて楽しくない人にまで、無理して好かれる必要があるのか?

 

みんないい意味でもっとドライになっていいのではないだろうか。

評価や空気を気にし過ぎている。

 

だから、言いたいことを代弁してくれている、歌手や経営者、実業家が人気になる。

ユーチューバーもそうだろう。

 

なんなら自分が代弁してかっこいい人間になろう!

有名になるということではない、自分のコミュニティーの中からそうしていけば十分だ。