王貞治、美空ひばり、山口百恵、松田優作、安室奈美恵・・・

タイトルは世の中にカリスマと呼ばれた人たちの一例である。

 

世の中の人が彼らに夢中になったよに、

自分が相手に対する時も、自分がカリスマ的存在になることが必要。

自分が、

  • 尊敬され、
  • この人に付いて行きたい、
  • この人が言っているなら大丈夫だ
  • この人みたいになりたい

と思われるようにならないといけない。

 

そのためには、自分の

  • トークを磨き
  • 身なりを整え
  • 人間を磨き
  • 普通の人が言えないことを言い、

相手から見てカリスマ的存在になければいけない。

 

でもそもそも、いい相手に会うことも重要。下記はいい人の要素。

いい人フィルター

  • 理解力1言って10分かる人
  • 人としていい人
  • 人間力のある人
  • コミュニケーションが取れる
  • 人の話を聞く
  • 相手のことも考える(自分のことばかりではない)

 

そういう人たちにたくさんあって、自分の対応としては

  • 人生相談でも、なんでも相談してください!
  • 恋愛でも家族でもお金(貯金)の悩みでも、とことん付き合いますよ!
  • あなたのことを真剣に感がているから!
  • ご飯行きながら話す、今日は好きなだけ食べてください!(おごる)
  • 手取り足取り

 

というほど、恩を売る、断ったらCさんが一生罪悪感感じるくらい。

Cさんの人生丸ごと考えています。もう安心して私に付いてきてください!

今後60年お付き合いしますんで!

 

なぜならフォローは信頼を積むから!

解消という概念より、信頼を作る意識が重要。

 

男が、女が、関係なく、惚れるってこういうことだろう。

そんな人めちゃめちゃかっこいい。

 

そこまでできていないから、疑われたり、逃げられたりする。

自分が責任なんて負えない、とうい思いが心の何処かにあるから逃げたくなる。

 

あぁ、かっこわり。

 

実際は60年付き合うこともないし、責任も持てない。

安心してハッタリかまして、かっこいいカリスマを目指す。