今後しんどいことしかありません。

楽なことだけで成長はできません。

人は、マイペースに、とか、競争は嫌い、とか、周りが気になる、と言いますが、本気で何かを成し遂げたいなら、追い込んで辛い思いしないとたどり着けない。

でないと、成功への跳ね返りがないから、成功できない。

 

大事なのは、辛い時ほど自分を追い込むこと。

自分で自分を追い込むのが楽。他人に言われるより。

 

そして今後しんどい事がなくなることはない。

しんどい、苦しい、辛い、めんどくさい、はずーっとある。

心も筋トレ。そうやって鍛えられていくのです。

 

となったら自ら負荷をかけ、負荷を楽しむのである!

一番辛いのは他人からも負荷をかけられる、今、だけ。

ステージが上がるごとに心には、そこまで辿り着いた余裕がある。

あとは自分で次のステージに行くため、都度負荷をかける。

それを繰り返して行くと、心には余裕がどんどん生まれ、

逆にどんどん負荷も自ら欲しくなる。

 

もう楽しくてやめられない!笑

 

筋トレも筋肉痛は痛いのに、それが気持ちいと感じてしまうように、

それを乗り越えるとまた重りをあげて筋トレをしてしまうように...。

 

もう受け入れましょう。

 

前から、無理難題が来るほどなぜかニヤケてしまう、のはこういう事だったんだ。

 

 

そしてここからは一心不乱に。

自分に密着カメラが入ったという意識を持って、常にどこかから撮られている、見られている意識を持つ。

 

 

周りを意識してやる気をなくすのではなく、燃える!!!のである。

比較対象を間違ってはいけない。

 

 

周りのやる気をなくす、くらいの鬼の形相でやって、ぶちのめす。

勝手に落ちた周りを見て優越感に浸って自分はもっと頑張る。

勝手に落ちてくれてありがとう。

お前らのことなんて知ったこっちゃね。