自己投資という概念

今の仕事をしていて、砦の一つとなるのが資金面である。

 

せっかくビジネスを習おうと思っても、受講料で尻込みする人が結構いる。

 

いつ始めてもいいものだけど、

望む未来を手に入れるためには、始めるしかないのに。

やらないと今の窮屈な生活はいつまでも変わらないのに。

 

お金は確かに大事であるけれど、日本人には自己投資という概念や、融資を受けるという概念がとても薄いと思う。

 

ネット上にはやっていい自己投資、やらない方がいい自己投資が、一覧、まとめとしてよく載っている。

それを見るとどれも言っていることはバラバラ。

Aサイトには資格取得が自己投資であると書かれているが、

Bサイトでは資格所得=自己投資ではないと書かれている。

 

そもそも辞書を調べても「自己投資」という四文字熟語は載っていない。

リサーチの結果をもとに書いた人の意見であったり、個人的な意見によって様々な見解があるのだと思う。

 

私は人生の目的に沿って、それが将来的に自分に利益となるものか、しっかり見極めて自分で決めたことならそれでいいと思う。

 

ただ、ビジネスを教わるということは、一生困らないスキルを身につけるということと同義ぐらい意味のあることだと思う。

お金を生み出す力が自分につくなんて、どんな資格より強い。

 

 

 

生み出した資金で、別の自己投資もどんどんしていった方が、断然合理的。

速い回転でたくさんの自己投資ができる。

 

どんな自己投資より有益だと思う。

 

資格を取るために通ったスクールで、いくら自分の給料に返ってくるかと比べたら、断然安いものだと思う。

 

お金を生み出すスキルをつけるのだから、融資だって受けるのは怖くない。

スキルをつけてすぐにペイすればいいし、その方法を教えてくれるんだから怖いことない。ましてや本業はすぐには辞めないのだろうから。

月に1万や2万をちょっとの間返済に当てるなど訳ない。

変わることを恐れ普段の生活をしている間に、気づいた人から稼げる人になっている。