ジャニーズ

昨日のブログで、人はより自由で豊かな人生を送り始めようとしている、ということについて書いた。

 

これが既に表れていると思うことがあるので、今日はそれについいて書く。

 

①結婚

結婚とは個人が生きていく上で、一番大きくて期間の長い契約だと言える。

もちろん、最初は永遠の愛を誓い合って結婚するものだが、嫌いになっても一緒にいないといけない契約、とも言える。

 

現に、

  • 日本の仮面夫婦率が約3割と以前より増え、
  • 不倫をしたことがあるという割合も3割〜4割と増えており、
  • さらに、以前にも増して離婚率も3組に1組

仮面夫婦、不倫、離婚、が以前より増えてきているのは、

今までは嫌でも添い遂げるものだったものがそうではなくなり(仮面夫婦)、

そうなると結婚という意味も変わり、個人の幸せ=結婚ではなくなり(不倫)、

個人、そしてお互いの人生が、このまま嫌な思いをして結婚を続けるより、新しい道を選びより豊かな人生を歩む(離婚)ようになっているからだと考える。

結婚という契約も、うまくいかなくなったら解消すればいいだけの話で、いけないことでもなんでもない。我慢するより次に行った方が効率がいいし、長い目で見たとき豊かな人生が遅れる。

より自由で豊かな人生を歩み始めている人が増えている一例だと考える。

 

 

②ジャニーズ

ジャニーズグループはルールがたくさんあり厳しいことは有名な話。ジャニーズグループという事務所が作った組織の中で、事務所のイメージの通りに、指示の通りに仕事をこなす。しかもアイドルと呼ばれ、そのキャラクターをグループが存続する限り続けなければならない。

最近グループから脱退する人、個人の活動をするジャニーズが増えているが、これも脱退する人は、個人の人生や、やりたいことを考えた際の決断で、やりたいことに向かう人が増えていることを映し出していると思う。

 

これを会社に置き換えても同じことが言える。会社という組織の中で、会社のビジネスモデルの中で、上司に指示され、部下に教え、これで自分のやりたいことができるのか、こんな働き方が自分の人生豊かにするのか、疑問を持って実際に行動する人が独立や、フリーランスという道を選んでいる。

 

 

既に人々は、自分を人生単位で考え、やりたいこと、自由や豊かな人生を求め動き始めている。

 

いつかとか、そんな人生は老後にとか、若いうちは我慢してとか、会社のために働くものだとか、雇われることが普通だとか、サラリーマンが普通だとか、いう人もいるが、一体誰がそんなことを決めたのだろう。自分で決めているだけで、今すぐ自由になったっていいのに、勝手な思い込みや刷り込み、周りもそうだから、というやらない理由をつけているだけである。

 

もう、気づいた人から始めている。

 

年齢なんて関係ないし、いつ始めてもいいものだけど、より自由で豊かな人生にしていいんだよ、自分が生きやすいように生きていんだよ、ということは知って欲しい。