ビジネス的視点を持ち合わせる

ビジネス的視点を持ち合わせる

 

ビジネスをする、自分のところと取引をしてもらうには、それこそ、商売の土台、基本となるマーケティングとセールスが欠かせない。

 

どんなやりたいことにも、基本が必要で、そのスキル知識がないと、うまく行くものもいかない。

 

やりたいとや、作りたいもの、できたらお金になったらいいなと、考えている人がいる。

その人たちの構想を否定はせず、いかに基礎基本が重要か、あなたに必要かを説明することがポイントだと思う。

 

それを説明するには、ビジネス的視点を持ち合わせ、「こうこうこうだから、あなたには、ビジネスの基礎基本を、学ぶ必要があるんだよ、(それは人から習うのが早いんだよ)」という流れにする。

 

「こうこうこうだから、」の部分は相手によって違う。やりたいこと、作りたいものが違うのだから。

 

「「こうこうこうだから、」にはビジネス的視点を持ち合わせて考えることが必要。

 

例えば、

  • 売りたい商品やサービスが決まっている人には、ビジネスをする上では戦略が絶対必要になる。それを売るには、ただ作ればいいのではなく、魅力的に仕上げ興味を持ってくれる人をたくさん集め、うまいコピーを考え、セールストークをかけ販売に結びつけるというスキルが必要となる。→基礎基本大事だよね。

 

  • 資格やスキルを活かして独立した人は、資格がある人なんでたくさんいる中で自分と取引してもらうには、前職の肩書やついているお客さんを当てにするのではなく、自分を魅力的な人間にし、コミュニケーション力を使ってやり取りをし、取引まで持っていくことがが必要になる。→基礎基本大事だよね。

という具合に、最終的にはビジネスの基礎基本を学ぶ必要があるということを、Cさんのやりたいことベースに説明することが大事。