やりたいことがない③

昨日の続き。

 

やりたくないことをする生活を続けるために、

やりたくないことをし続ける。そんな惨めな人生送りたいですか?

 

というところで終わっていた。

 

下記アランワッツのスピーチ、続き

================

自分がやりたくないことをして、人生を過ごすなんて実に馬鹿げたこと。

したくもないことに人生を費やせば、子供達にまで、同じような人生をたどるように教え、受け継がせてします。

自分の子供たちを、自分と同じように育て、似た人生を歩ませる姿を見ることで、自分の人生を肯定し、満足しようとしているのです。

 

まさに吐き気がするのに、いつまでたっても吐き出せない状態で生きて行きます。

 

この問題にじっくり取り込むことが大切。

=======================

まさにそう思う。みんな吐き気がする状態で生きていると思う。

反論の余地なしで、この言葉そのまま相手に聞かせたい。

 

とはいえ!

 

実際、全員が全員好きなことして生きてはいけない。

 

そりゃ、みんな好きなことして生きて生きい。

そんなことみんな分かっている。

でも思っているだけ。

 

実際は、だって、でも、〜ない、時代が、、、で、一生懸命理由をつけて自分を正当化する。

でもそれったやらない理由を探しているだけ。

 

ただ、みんなそうやってやらないから、国が回る。

好きなことやったら国が滅ぶ。企業も成り立たない。

 

一部の人が本当に行動して、やりたいことやって生きている。

 

自分を正当化してやりたいことをやらない人生が、当たり前、普通となっているからやりたいこともないのだろうと思う。

 

そういう人には、ここまで大きい人生観みたいな話は重いかもしれないが、どう人生を過ごしたいか聞きながら、上記の話をするのは有効だと思う。